グーグルアドセンス広告禁止のサイトテーマとは!

>>無料テンプレート配布中 HOME >>グーグルアドセンス広告禁止のサイトテーマとは!



●許可されていないコンテンツを含むサイトに Google 広告を掲載してはいけない。

多くのグーグルアドセンスユーザーの方も知らない、又は気が付いていないプログラムポリシーが、この「許可されていないコンテンツを含むサイトに Google 広告を掲載しないでください。」です。

Google Adsense プログラムポリシー「許可されていないコンテンツを含むサイトに Google 広告を掲載しないでください。」

文面は、実際のGoogleプログラムポリシーからの抜粋です。

グーグルアドセンス広告禁止のサイトテーマは5つ!

Google社では、アドセンス広告を張ってはいけないジャンル(サイトのテーマ)をきっちり定めているのが、読み取れると思います。

・アダルト関連のサイト

・ギャンブル関連のサイト

・銃器等、武器類関連のサイト

・処方箋関連のサイト

・酒類関連のサイト

上記を主テーマにしているサイトの場合は、Adsense広告を張ってはいけませよ!というわけです。アダルトやギャンブル、武器類などのサイトは理解できますが、酒類や処方箋などをテーマにしているサイト運営者の方は注意が必要です。

特に日本酒やワインなどをテーマにしているサイトも、この「許可されていないコンテンツを含むサイトにGoogle広告を掲載しないでください。」のプログラムポリシーに引っ掛かりますので、Google広告を掲載しないようにした方が賢明でしょう。

もしこれから、アドセンスで稼ぐサイトを作製しようと考えている方は、上記のテーマは避けるようにして下さい。サイトを完成させた後で、まっぁいいか!程度の考えでアドセンス広告をサイトに張ってしまうと、まず間違いなくアウトです。グーグルアドセンス本部から警告メール飛んできます。

くり返しになりますが、”警告”を無視することはできません。必ず何かしらの修正が必要です。このときサイトテーマが、警告対象になっている場合は、サイト自体のテーマを変更するか、アドセンス広告を外さなければいけなくなります。

これでは、せっかく長い時間をかけて製作したサイトで、稼ぐ(アドセンスで稼ぐ)ことができなくなります。サイト作製の前に、プログラムポリシーに目を通してをくことのメリットは、この様な時間ロスを防ぐ為にも大変重要だということが分かって頂けると思います。

それでは次のプログラムポリシー「Google 商標の保護」に進みましょう。このポリシーについても、なかなか気付いていない人が多いようです。ブログなどでこのポリシー違反をよく見かけます。Google社から警告メールが来る前に取り除くようにして下さい。


●Google 商標の保護。


>>無料テンプレート配布中 HOME


無料ソフトのインストール

Adsenseプログラムポリシー

グーグルアドセンスと長く付き合う為のルール「プログラムポリシー」とは!

アドセンス無料レポート

グーグルアドセンスの稼ぎ方を、無料レポートにて公開中です!