グーグルアドセンス(Google Adsense)無料レポート「プログラムポリシー編」

>>無料テンプレート配布中 HOME >>グーグルアドセンス無料レポート「プログラムポリシー編」



●グーグルアドセンス「プログラムポリシー」とは..

これまでは、アドセンスアカウントを無効にしない為の対策について解説してきましたが、その他にもグーグルアドセンスと長く付き合うためのルールが10項目ほど有ります。アドセンスのWEBページではこれをAdsenseプログラムポリシーと、何ともオシャレに呼んでいます。

この先少し長くなりますが、グーグルアドセンスと長くお付き合いしたい方は、一読をオススメ致します!。それほど難しい内容ではありませんので、サラッと確認して行きましょう。

それでは下記表をご覧下さい。これがadsenseプログラムポリシーです。今のところ10項目程有りますが、時間経過と共に、この項目は増えたり減ったりします、大筋にはそれほど違いが有りませんので、上から順に見て行きましょう。

グーグル アドセンス(Google Adsense)プログラムポリシー

Google Adsense プログラムポリシー

●自分自身の Google広告 をクリックしてはいけない。

まずTOPの「ご自身のグーグル(Google)広告をクリックしないでください。」ですが、おそらくアカウント削除の一番の原因がこの”自分で、自分自身のgoogle adsense広告をクリックしてしまう”行為です。グーグル側もこの行為には常に目を光らせています。例え間違えて1回クリックしてしまっただけでも、数日後には警告メールが飛んできます。複数回クリックしてしまうと、警告→凍結→削除をいう手順を踏まずに、即削除をいう場合も少なくありません。

グーグルアドセンスに参加してまだ日が浅い方は、報酬欲しさに、自分で自分のアドセンス広告をクリックしてしまう方がいますが、この行為はタブー中のタブーです。もし削除された後に、「知らなかった!」と言い訳をしたところで、グーグル側の態度は常に厳しいものです。一度削除されたアカウントを元に(有効に)戻してくれることはまずありません。

人によってはうっかり手が滑って自身のアドセンス広告をクリックしてしまう場合もあるでしょう、もしうっかりクリックしてしまった場合は、直ぐに(google adsense お問合せ)にメールで「誤って自分自身の広告をクリックしてしまいました、故意ではありません。」を入れた方が無難です。

私の経験では、”ごめんなさいメール”を入れておくことで、警告を受けることはありませんでした。ですが、複数回同じ行為(自身のアドセンス広告をクリック)を繰り返せば、やはり削除は避けられませんので、このアカウントポリシー「ご自身のグーグル(Google)広告をクリックしないでください。」は確り守るようにして下さい。

●他の人に Google 広告をクリックするように頼んではいけない。


>>無料テンプレート配布中 HOME


無料ソフトのインストール

Adsenseプログラムポリシー

Google Adsenseと長く付き合う為のルール「プログラムポリシー」とは!

Adsense無料レポート

Google Adsenseの稼ぎ方を、無料レポートにて公開中です!