グーグルアドセンスとは!

>>無料テンプレート配布中 HOME >>グーグルアドセンスの警告・凍結・削除とは!

●グーグルアドセンス(Google Adsense)の警告・凍結・削除とは...

さて、こんなにも素晴らしいアドセンスですが、このアドセンスにも長くつき合っていく上で注意点があります。それはアドセンスアカウントの警告・凍結・削除というものです。言葉からして何とも怖いイメージがありますね。それでは次にこのこわ〜い警告・凍結・削除について解説していきましょう。

グーグルアドセンスを行っているとGoogleAdsense本部から以下のような警告メールをもらうことがあります。私(管理人)は覚えているだけでもこのような警告メールを10回以上はもらっています。

それではこの警告文の内容(文頭)を少し読んで見て下さい。ようするに「あなたのブログ(WEBサイト)はコンテンツ不足の為、アドセンス広告を削除するか、コンテンツの充実を図ってください。」という意味です。

グーグルアドセンス(Google Adsense)プログラムポリシー違反「警告」


そして3日以内に何らかの修正を行はないと警告から、アドセンスアカウントの凍結に変わります。凍結とはアドセンスアカウントにログイン出来ないことを意味します、事実上のアドセンスからの退場です。

この段階で、もしアドセンスの報酬がある場合はもちろん支払い申請は出来ないことになります。やはりここは速やかにアドセンス本部の指示に従い、ブログ(WEBサイト)に手を加えたいところです。相手はオカミですから逆らうよりは従うほうが吉と考えた方がよさそうです。

それでも中には ”いや俺はこんな警告なんか怖かねえぞ!無視し続けてやる!”という方もいらっしゃるかと思いますが、その結果はといいますと、1ヶ月前後で皆さんのブログ・サイトに張ってあるアドセンス広告が真っ白に変わり、そしてアドセンスアカウントが削除されます。

この場合最終的な警告メールが来る場合もあれば、まったく警告なしの問答無用で削除される場合もあります。ここでもっとも怖いのは、今まで苦労して稼いだ報酬が、削除の段階で全て吹っ飛んでしまうということです。1円たりとて受け取ることが出来ません。”俺の金だから返せと!”といったところでおそらくお決まりの返信メール1通もらってさよならバイバイでしょう。

Google Adsenseアカウントを削除された友人のケース

●アドセンスアカウントを削除された女性のケース

予断ですが、私の友人にグーグルアドセンスからの警告メールを無視し続けて126,000円あまりを無くした猛者がいました。この方は実は女性です。私はどうして削除されることが分かっていながら警告メールを無視し続けたのか質問してみました。

彼女の答えがまた凄い!。人がなかなか集められない情報(警告を無視し続けた結果の情報)を集め、情報商材として売るためと彼女は答えたのです。現在彼女は情報商材アフィリエイトで生計を立てています。グーグルアドセンスも新たに別名義で申請を行い、複数のアドセンスアカウントを所有することになります..(女性は怖い!)。

話を元に戻しましょう。アドセンスアカウントは一度削除されても再度申請することはもちろん可能です。しかし一度削除されたアカウントは氏名、住所、銀行口座等の個人情報がすでにグーグル本部に登録されています。

このことを考えると一度削除されたアカウントでの再申請ついては、ほとんど審査が通たないと思ったほうがいいですね。ようするにアカウントが削除されるとせっかく稼いだ報酬が受け取れないばかりか、次に申し込むアドセンスアカウントの再申請も厳しくなるということです。そういった意味でもこの「警告・凍結・削除」は避けたいところです。警告を受けたら、あまり熱くならず、警告文に従って素直にブログ(WEBサイト)に修正を加えるようにしましょう。

●アドセンスに付きまとう「警告・凍結・削除」の対処方法とは!


>>無料テンプレート配布中 HOME


無料ソフトのインストール

Adsenseプログラムポリシー

Google Adsenseと長く付き合う為のルール「プログラムポリシー」とは!

Adsense無料レポート

Google Adsenseの稼ぎ方を、無料レポートにて公開中です!