グーグルアドセンス(Google Adsense)に付きまとう「警告・凍結・削除」の対処方法とは!

>>無料テンプレート配布中 HOME >>グーグルアドセンスの警告・凍結・削除の対処方法とは!

●アドセンスに付きまとう「警告・凍結・削除」の対処方法とは..

実は、グーグルアドセンスとの付き合いが長くなると、Google Adsenseチームから「警告・凍結・削除」といメールが送られてくる場合が多々あるのです。そこし考えてみて下さい!アドセンス報酬を増やそうと思えばブログ(WEBサイト)のページ数を増やしていくことは必須ですね。

すると当然アドセンス広告を張るページも増えるわけです。広告を張っているページ数が増えれば、当然警告を受ける可能性もグッと高くなるというわけです。

実際、警告メールを受けてから対処する人がほとんどだと思いますが、警告を受ける前に、この「警告・凍結・削除」の対策を何とか行えないものか?というのが私(管理人)の考え方です。

それではどのような対策があるのか、どうすれば警告を受ける可能性を低く抑えられるのか!。先ほどの警告メールから対策を読み解いていきましょう。

グーグルアドセンス(Google Adsense)、警告メール。



このアドセンス本部からのメールは私に3つの警告を示しています。1つずつ見ていきましょう。

Google本部からの警告「あなたのサイトはコンテンツが不足しています!」

?あなたのサイトはコンテンツが不足していますよ!。

なんとも小難しい表現ですが、まず?から見てみましょう。警告を受ける方の大半がこのコンテンツ不足に引っかかています。コンテンツ不足とは具体的にいいますと、「あなたのサイト1ページ内の文章量が不足しています。もっと文章量を増やしなさい。もしくはアドセンス広告を外しなさい。」といっているわけです。

さて、具体的に1ページ内に何文字以上使用したらコンテンツ不足にならないのか?となりますがグーグル側から何文字以上という指定はありません。私(管理人)の経験でいいますと、大体1ページ内に800文字以上使ってあれば警告は受けないように思います。理想は1000文字以上です。

600文字以下では警告を受ける可能性が高まりますから、文字数(ボリューム)を増やすようにして下さい。文章の内容は”警告”という側面だけで言えばさほど重要ではありません。

凝り返し”警告”への対策と捉えた場合には、ボリュームを増やすだけでOKです。(注)他サイトからのコピー&ペーストでは意味がありません。必ずご自身の”言葉”で文章を作って下さい。コピペでは遅かれ早かれいずれ”警告”を貰うことになります。

ここで注意しなければならないことがあります。それはグーグルアドセンス本部から送られてくる警告は、皆さんのサイトのページ単位で行われるということです。これはサイト単位ではなくサイト内の1ページに対して行われるという意味です。

例えばここにボリューム10ページのWEBサイトがあるとしましょう。そしてグーグルアドセンス本部からこのサイトに対し、警告メールが来たとすると、その警告メールに従ってサイトに修正を加えるわけですが、10ページ中9ページがOKだとしても残りの1ページがアドセンス本部の基準を満たしていなければ、当然、修正したとは認められません

そしてその1ページを放置し続ければ、"警告"は"凍結"になってしまいます。グーグルアドセンス本部はどのページが警告対象になっているかを指示してはくれませんので、私たちは普段からアドセンス広告をどのサイトのどのページに何枚貼り付けているかを正確に把握してをくことが大切になってきます。

ここで?をまとめておきましょう。コンテンツ不足の警告を受けない対策として、1サイト内の1ページの文字数を最低600文字以上にする、と理解しておきましょう。コピペではダメ、必ずご自身の言葉で文章にボリュームを持たせましょう!。

Google本部からの警告「あなたのサイト内でアドセンスを過度な言葉で誘導しています!」

?あなたのサイト内でアドセンスを過度な言葉で誘導していますよ!。

次に?についてですが、これはさほど注意しなくても大丈夫かと思いますが一応説明をしておきます。「あなたのサイト内でアドセンスを過度な言葉で誘導しています!」ですが、アドセンス広告には「アドセンス自体を紹介して報酬を稼ぐ"というGoogle Adsense紹介報酬プランというものがあります。

このアドセンス自体を他人に紹介するときに大げさな表現で誘導してはいけませんよ!と警告していると解釈してもらえば分り易いでしょう。

個人的な意見になりますが、紹介報酬とクリック報酬ではクリック報酬の方が稼ぎ易いのではないかと思います。クリック報酬はクリックしてもらうだけでいいわけですからね。(注)決して紹介報酬プランが劣っているという意味ではありませんので誤解しないで下さい。

Google本部からの警告「あなたのサイト内でアドセンスに関する機密情報が公開されています!」

?あなたのサイト内でアドセンスに関する機密情報が公開されていますよ!。

さて、最後の?に進むことにしましょう。「あなたのサイト内でアドセンスに関する機密情報が公開されています!」ですが、これはアドセンスのロゴ、もしくはグーグルのロゴなどを指しています。

皆さん自信のサイトにプリントスクリーンなどで切り抜いたアドセンスのロゴや、グーグルのロゴなどを貼り付けている場合がありますが、その行為が・・「あなたのサイト内でアドセンスに関する機密情報が公開されています!」の警告に引っかかるというわけです。

これも注意さえしていれば大丈夫でしょう。おそらくこの3つの警告の中で、最も注意しなければならないのは、?です。早い話この?の警告「あなたのサイトはコンテンツが不足していますよ!」に注意を払えば警告を受ける可能性はグッと低くなるはずです。普段からサイト内の文字数(ボリューム)には気を配るようにして下さい。

●グーグルアドセンス(Google Adsense)の警告・凍結・削除とは!


>>無料テンプレート配布中 HOME


無料ソフトのインストール

Adsenseプログラムポリシー

Google Adsenseと長く付き合う為のルール「プログラムポリシー」とは!

Adsense無料レポート

Google Adsenseの稼ぎ方を、無料レポートにて公開中です!